お知らせ

第141回木質構造研究会開催のお知らせ

2014年2月3日

テーマ:「木造建築と森林認証」


 国際的な森林認証制度である、FSC とPEFC、さらに日本独自の森林認証制度SGECは、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでの森林認証材の使用を提言する活動を開始した。3つの認証制度が連携して認証材利用を呼びかける試みは、単発的なものを除けば今回が初めてのことで、「東京オリンピック・パラリンピックにおける競技施設建設および関連施設への地域森林認証材使用のお願い」をまとめたと報じられている。木質構造研究会では、森林認証制度をテーマに取り上げ、研究会を下記のとおり開催する運びとなりました。公共建物の木造化・木質化が推進される中で、森林認証の現状と将来像、さらには加工・流通の段階でのCoC認証についても話題として取り上げる予定です。年度末、ご多用中のこととは存じますが、ご参加いただけますようお願い申し上げます。


 記


第141回木質構造研究会 「木造建築と森林認証」


□日程


日時:3月18日(火) 15時00分~17時30分 (開場:14時30分)


場所:東京大学農学部弥生講堂アネックス セイホクギャラリー


□講演内容