お知らせ

第153回木質構造研究会の開催案内

2017年9月21日

研究会会員の皆様へ

第153回木質構造研究会を、10月18日(水)に以下の通り開催致します。
今回は、2016年熊本地震を体験しているが、あまり被害調査の結果報告をされていない構工法(枠組壁工法や木質接着パネル工法)の木造住宅について、専門の技術者をお呼びして被害状況報告をして頂きます。

会員各位の積極的なご参加をお待ちしております。

■テーマ
「2016年熊本地震により被害を受けた現代住宅の設計・仕様」

■日時
2017年10月18日(水) 16:00~18:00

■会場
東京大学弥生講堂アネックス・セイホクギャラリー

■講演者
中川貴文 氏(国土交通省国土技術政策総合研究所)
 「益城町周辺で観測された地震動と軸組構法住宅の耐震性能」
福波珠恵 氏(三井ホーム(株))
 「三井ホームの熊本地震被害調査報告」
三津橋歩 氏((株)ミサワホーム総合研究所)
 「熊本地震における木質接着パネル構法住宅の被害調査報告」

■申込先
木質構造研究会事務局に、参加を希望される方のお名前、ご所属、連絡先をE-mailにてお申し込み下さい。(賛助会員は5名まで、企業・団体会員は2名まで参加することができます。)

■申込期限
10月11日(水)

■問い合わせ先
木質構造研究会事務局 担当:青木、河原
E-mail: info@jtes.org  TEL: 03-5841-5253

第153回木質構造研究会案内

事務局

〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1
 東京大学 大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 木質材料学研究室内
  TEL:03-5841-5253 FAX:03-5841-8198 E-mail:info@jtes.org